通級指導について
こんばんは。
真維です。

先日、こんな新聞記事が目に留まりました。

「島根県教育委員会が2017年度から、ある松江市内の公立高校で『通級指導』を始める」
との内容でした。

「通級指導」とは…

発達障がい、言語障がい、難聴、弱視など比較的軽度な障がいをもつ生徒が、普通学級に在籍しながら特定の時間に配慮された指導を受けることです。
※発達障がいには、高機能自閉症、LD(学習障がい)、ADHD(注意欠陥多動性障がい)などが含まれます

この度、松江市のある公立高校では…
・放課後を利用し、社会性を身につけるためのサポートをする
・松江市の特別支援学校の支援を受け、対象となる生徒の個別計画を作る
・通級の担当教員を任命し、感情のコントロール、他者との関わり方などのスキルを習得する
対象の生徒が他の生徒と関わる中で、感情のコントロールや対人関係を築く方法を学べれば、この先進学した時も学校やアルバイト先で役に立つでしょう。

島根県内の公立高校で、特別な支援が必要とされる生徒は16年度で全生徒の2.6%だそうです。
この数字は一見低く思えますが、決して少なくないように思います。
多いとか、少ないとかの問題ではありません。
本人にとっては、授業についていけなかったり他の生徒などとうまく関われなかったりするのは本当に辛いからです。

私が高校生の頃は、自分が発達障がいであることを知りませんでしたが、周りの生徒と対人関係をうまく築けない、特定の授業についていけないなどの悩みはありました。
それでも、大学進学したかったので転校などは考えませんでした。
自分でもよく我慢したなと思います。

通級指導を行う高校が、もっと増えればいいと思います。
しかし、
・発達障がいなどの知識のある教員が不足している
・感情のコントロールなどの知識を持つ教員が通級担当になればいいが、適任となる教員がいるのか
という問題点もあります。

これからの大きな課題になりそうです。

それではまた。







スポンサーサイト
[2017/05/14 21:02 ] | 障がい者を取り巻く現状 | コメント(0)
| ホーム |