マイノリティは、今日もゆく。
おはようございます。
真維です。

私は発達障がい・アスペルガーというマイノリティ(少数派)です。
世間では、障がい者やLGBT(性的少数者)という人達が
「マイノリティ」と呼ばれています。

「みんなと何かが違う」
と認識する中で、
いつの間にか「私って変?」という思いが芽生えていました。

運動が苦手、
人と話すのが苦手、
集団行動が苦手…

他にも様々な「苦手」と向き合ってきました。

そこから、
「周りの人と自分の違い」
と向き合うまでは、すごくエネルギーを使いました。

それでも、
「普通の人」になりたい。

正直、私から離れていく人もたくさんいました。
でも、「私は私でいいんだ」と思えるようになった頃から
私の周りには、私を受け入れてくれる人達が残るようになりました。

マイノリティだからこそ、伝えられることがある。
マイノリティだからこそ、伝えていきたいことがある。

伝えていくことで、発達障害に関する現状が少しずつでも変わっていくなら。

声を上げ続けていきたい。

マイノリティは、今日もゆく。

それではまた。

スポンサーサイト
[2017/05/11 06:00 ] | 私の思い。 | コメント(0)
あなたはあなたでいいのだ。
おはようございます。
真維です。

ゴールデンウィークも終わり、日常を取り戻している最中です。


先日、赤塚不二夫さんの
「これでいいのだ」という言葉を紹介しましたが、彼の遺した言葉にはこれ以外にも好きなものがあります。

それは、
「あなたはあなたでいいのだ」

数年前、CMで流れていたのを聞いて何だかジーンときました。

私は、昔から
「変わってる」「変」
と言われたことが多かったからです。

その時、
「私は私でいいんだ」とこの言葉を聞いて安心しました。
それからも、私は
「誰かの望むであろう、普通の人」
になろうとしていました。

仮面ならぬ、「鎧を被っている」とまで言われたこともありました。
その頃になると、私は相当疲れていました。

「もう、自分に嘘はつきたくない・・・」

そう思い、
そのまま、ありのままの自分を見せるようになったら、
気が付くと私の周りには、私のことを本当に分かってくれる人ばかりになっていました。
精神的にも、かなり楽になりました。


あなたはあなたのままでいい。
人に合わせて、自分を曲げることはない。

そのままのあなたを分かってくれる人、必要としてくれる人は必ずいます。

あなたは
あなたで
いいのだ。



それではまた。





[2017/05/10 06:00 ] | 私の思い。 | コメント(0)
顔晴るために。
おはようございます。
真維です。

昨日は、約4ヶ月ぶりに美容院に行ってきました。

今、肩に付くセミロングですが、髪をとく度に引っかかるほど傷んでいたのでやっとカットできて一安心です。

伸ばしている最中なので、2cmほど切ってカラーをしてもらいました。
ピンクの入った茶色です。
気分も軽くなりました♪


今日からまた2日間仕事です。
心を込めて、また商品作りをしていきます。

大切なお仕事、顔晴っていきます(^-^)
「頑張る」より、「顔晴る(がんばる)」の方が私は好きです(^-^*)
大切な友達に教えてもらって以来、この言葉を使うようにしたいのですが、つい「頑張る」の方を使ってしまいます。

これからは、もっと「顔晴る」という言葉を広めていきたいです(^o^)
いつも笑顔♪

とは言っても、いつも笑顔でいられるとは限らない。
泣きたくなる時、腹が立つ時もある。

そんな時、その場ではグッとこらえ、一人になった時に感情を正直にストレートにノートに書いて吐き出しています。

これをしていると、
「ブラックな自分がいてもいいじゃん!」
と受け入れられる。

そして、吐き出した後はスッキリしてまた歩き出せる。

仕事に行く時にも、ノートを持ち歩いています。
もしブルーになった時、また顔晴れるように。

外は曇り空ですが、今日も顔晴ってきます♪
二回言う(笑)

それではまた。


[2017/05/01 09:12 ] | 私の思い。 | コメント(0)
私は私のままでいい。
私達はマイノリティー
社会の中ではマイノリティー

昔は少数派でいることが怖かった
みんなと同じになりたかった

みんなと違う私は
周りから
「変わった人」と思われていた

みんなと同じ
つまり「普通」になれば
傷付かずに済むと考えるようになった

私はある日
「普通」になろうと決心した
これ以上傷付きたくなくて

「普通」になりたくて
もがき続けた
たくさん失敗もした
たくさん傷付いた
たくさんの壁にぶち当たった

でも いつのまにか
みんなと同じにはなれないことに
気がついた

でも そのことを
みんなと違うということを
自分で認めたときから
私の周りには
そのままの私を認めてくれる人が増えてきた

無理して「普通」にならなくていいことに
気付いてからは
生きるのがずっと楽になった

私はようやく
「普通でなければならない」という呪いから
解放された

自分らしく生きることって
こんなに楽だったんだ

強がらなくていい
嘘をつかなくていい
仮面をかぶらなくていい

そのままでいい
マイノリティーの私でいい

私は私のままでいい


[2017/04/21 22:00 ] | 私の思い。 | コメント(0)
改名と仲間への感謝。
おはようございます。
hanaです。

今日から新年度が始まりますね。
今の松江は、少し曇っています…
朝は日が差していたのに。

さて、私は「hana」という名前でこのブログを書いていますが、今日から改名します。

現在、発達障がいのイベントなどで使っている、こちらの名前にさせて頂きます。

それは、
「真維(まい)」です。

本名ではありません。
「まい」は「マイノリティー」、「マイペース」の「まい」。

「発達障がいというマイノリティー(少数派)として、明治新とまではいかなくても世の中を少しずつでも変えていきたい」
という思いを込めました。

私たち障がい者のように、社会の中で「少数派」と言われる立場の人達には、世の中を変える力があると信じています。
自分の体験を伝えていくことができるから。
当事者にしか分からない、伝えられない体験を伝えることができるから。

私は、「分かってほしい」とは思っていません。
ただ、「こんな人もいるんだ」ぐらいに思ってもらえれば幸いです。
心の片隅にでもしまってもらえれば、なお嬉しいです(^^)


私はアスペルガー症候群として、「変わった人」「空気が読めない人」などと言われて辛い思いをし、この障がいを恨んだこともありました。

「この障がいさえなければ…」
そう思ったことも、何度となくありました。

やがて、私には自分と同じように発達障がいで悩み、苦しむこともあるけれど
「発達障がいのことを、もっと知ってもらいたい!」
と強い意志を持って行動されている仲間と出会いました。
会うときには「発達あるある」が飛び交い、障がい特有の辛さ、苦しさにも共感できます。

苦しむことがあっても、優しさはいつも忘れない人たちです。

最近、辛くて泣いてしまった時にも、そのうちの一人の肩が隣でそっと肩をなでてくれました。
「泣きたい時には泣いていいよ」と言われ、心が少しずつ軽くなってきました。
本当に仲間たちに出会えて救われた、よかったと思っています。

私も、誰かが困っている時にそっと手を差し伸べられる、そんな人になりたいです。

少しずつ、また陽が差してきましたo(^▽^)o

それではまた。
今日もいい日になりますように♪




[2017/04/01 10:04 ] | 私の思い。 | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>