トランスジェンダーの日に思うこと。
こんばんは。
本日2度目の更新です。

ふと、「今日は何の日?」と気になることがありますが…
今日4月4日は、「トランスジェンダーの日」だそうです。
3月3日の「桃の節句」(女の子をお祝いする日)、5月5日の「端午の節句」(男の子をお祝いする日)の中間ということで、性同一性障害の団体「TSとTGを支える人々の会」が制定したそうです。

「性同一性障害」という言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、「トランスジェンダー」はあまり聞き慣れない方も多いと思います。

トランスジェンダーとは
「身体の性と心の性が一致しない状態」のことです。
男性として生まれたけれど、心は女性。
あるいは、女性として生まれたけれど、心は男性。
または、自分を男性と女性、どちらでもないと思っている人もいます。

また、その中に性同一性障害も含まれます。
図で表すと、こんな感じ。


トランスジェンダーと性同一性障害の違いは、
トランスジェンダー=身体と心の性が一致しないけれど、外科的手術は望まない人

性同一性障害=性別適合手術などの身体的治療を望む人
ということです。

つまり、
トランスジェンダー≠性同一性障害
ということです。

私は、今までトランスジェンダーと性同一性障害は同じようなものだと思っていたので、このような違いを知って勉強になりました。

例えば男性として生まれた人が、
化粧したっていい。
スカート履いてもいい。
マスカラ付けてもいい。
口紅塗ってもいい。
可愛い物が好きでもいい。

テレビなどでトランスジェンダーの人を見たり、トランスジェンダーを主人公にしたドラマを見たりしたことがあります。
その時に思ったことは、
彼(彼女)たちはマイノリティ(少数派)だけど自分と向き合う強さ、自分を曲げない強さを持っている。
彼(彼女)たちを美化しているわけではありません。
私たちと同じように、迷ったり悩んだりしている。
普通。何も変わらない。

私は発達障がい、女性というマイノリティ。
だからこそ、私もマイノリティとして強くなりたい。
強くありたい。
私も、自分と向き合う強さ、自分を曲げない強さを持ち合わせていたい。

性別問わず、可愛い物が好きな人に私の作品を届けたい。
可愛い物が好きなことに、性別は関係ないから。

そんな私の思い、誰かに届きますように。

それではまた。

スポンサーサイト

テーマ:LGBT - ジャンル:心と身体

[2018/04/04 21:34 ] | 私の思い。 | コメント(0)
点字ブロックの日に思い出した、気になった人。
こんばんは。

今日、3月18日は「点字ブロックの日」だそうです。

街中や駅のホームなどに埋め込まれている、黄色い板のことです。
正式名称は「視覚障害者誘導用ブロック」といいます。
実は日本人が考案したもので、1967年3月18日に初めて岡山市に設置されたそうです。
それで、3月18日が「点字ブロックの日」になったそうです。

私は、平日の通勤途中に駅のバス乗り場で視覚障害者の方達をよく見かけます。
白杖を持っている方もいれば、盲導犬といる方もいます。
写真にはないのですが、バスの乗車口のそばにも点字ブロックが設置されています。
「点字ブロックが視覚障害の方にとっては、目の代わりである」
という認識を見える人も常に持って置く必要があると思います。

しかし、私も数年前にあるお店に行ったとき、
「目の不自由な人はそう通らないよね」という甘い考えで、点字ブロックの上に自転車を停めようとしてしまったことがあります。
当然、店員さんに注意されて自転車を移動させました。
それからは、点字ブロックの上に自転車を停めたり、立ったりしなくなりました。

視覚障害の方といえば、先日テレビで見て目に留まった人がいます。

先日、ピン芸人の日本一を決める「Rー1ぐらんぷり」で優勝した、ほぼ全盲の漫談家・濱田祐太郎さんです。
私はリアルタイムで彼の漫談を聞いたわけではないのですが、気になって動画サイトで見てみました。

決勝の時です。



R-1ではないかもしれませんが、ネタの中で「盲学校の階段に点字ブロックがなかった」と言っていたそうです。
そのことを思いだしました。
階段に点字ブロックがない…想像しただけで怖かったと思います。

ネタを見た私の感想としては、自分の障がいをネタにして笑いを取るというのは、本当に障がいと真っ正面から向き合っていないとできないことだと思いました。
障がいのことを笑うのはタブーだと思われている所が今もありますが、私は思わず笑ってしまいました。
面白いというより今まで私が知らなかった、視覚障がいで困っていること、あるあるネタを聞かせてもらえたのがすごく斬新でした。

濱田さんは、優勝した時のインタビューでこのようなことも言っていました。
「健常者と障がい者の架け橋になりたいとは思っていない」
「障害者としてではなく、漫談家として優勝できたのが嬉しい」

このことから分かりました。
彼は、障がい者としてではなく、一人の漫談家として生きていきたいということが。

私も気持ちが分かります。
障がいを意識せずに、好きなことをして生きていきたいというのが私の夢です。
そこにたどり着くまでの過程も、楽しんでいきたいです。

今回のR-1のように、障がいのある人が障がいのない人と同じ舞台で活躍できることがもっと増えればいいと思います。
そして、濱田さんのことを応援しています。

それではまた。



テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

[2018/03/18 22:16 ] | 私の思い。 | コメント(0)
励ましの言葉について思うこと。
こんばんは。
真維です。

今日は大学入試センター試験の1日目でしたね。
私も、寒い中試験を受けに行った記憶があります…
私は大学の中の、高校の教室みたいな所で受けたので試験中も寒かった(>_<)
受験生の皆さんにとっては、本格的な受験シーズンが始まりましたね。

先日、朝の情報番組で
「受験生がかけられて嬉しい言葉」
を実際の受験生に聞いたアンケート結果が出ていました。

第1位に選ばれた言葉は…
「大丈夫!」
○○(自分の名前)なら受かる!○○ならできる!
そう言われている気がして、前向きな気持ちになれますね。

励まし系の歌の歌詞にもよく使われていますね(^-^)/

逆に、ワースト1に選ばれた言葉は…
ついうっかり言ってしまうこともあるかと思いますが…
「がんばりなさい!」

「こんなにがんばっているのに、まだがんばれって言うの?」
と、ヘコんでしまう人もいますね。
私も、仕事をする時にあまり言われたくありません。

人より精神的に体調を崩しやすくても、必死に仕事をしているつもりです。
職場が求めているような仕事ができるように。
「がんばっているね」なら、個人差はあると思いますが私にとっては心強い言葉に変わります。
今の私を認めてくれているということだから。

また、仕事で悩んでいる時に「大丈夫だよ」と言われると安心します。
「大丈夫」という言葉には、
「私(言ってくれる人)がついているよ」「一人じゃないよ」という心がフワッと軽くなる、そんな力を感じます。
聴いている歌の中に「大丈夫」というフレーズが出てくる時にも、歌が背中を押してくれているような気がします。

受験生にも、大人の私たちにも、励ましの言葉で言われて嬉しい言葉とそうでない言葉はだいたい同じなのかな、と思いました。

受験生の皆さん、自分を信じて試験に臨んでl下さい。
今まで勉強してきたから、大丈夫です。

それではまた。

テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

[2018/01/13 21:07 ] | 私の思い。 | コメント(0)
今日は新しい一日。
おはようございます。
真維です。

昨日は仕事から帰った18時過ぎ、すごく疲れていました。
帰ってから即2階の自分の部屋に行き、ヘッドホンでYouTubeのボカロをカラオケで歌ってストレス発散☆

「ロストワンの号哭(ごうこく)」、「エイリアンエイリアン」、「ブリキノダンス」の3曲。
「ロストワン~」は、一人カラオケでよく歌います。
最近行ってないな…

その後の夕食時、わたしは音楽特番を見ていたらあまり好きではない人が出演していてグチグチ…
「なんでこの人が!?」

その場にいた母と弟には後で謝りました。

でも、それは昨日のこと。
過去に力はないと、ある人が言っていました。
過去の事を思い出した時のわたしの呪文。

「ストップ!」
「過去に力はない!」


最近、一日の最後に「今日あったいいこと」を3つ手帳に書いています。
昨日も3つ出てきました(^-^)/
結局、昨日もいい日だった。

今日はまた新しい一日。
いいことが起こりますように♪

それではまた。

テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

[2017/11/29 07:00 ] | 私の思い。 | コメント(0)
決意。
おはようございます。
真維です。

実は最近、発達障がいの当事者として発表する話がきました。
一人でずっと話し続けるわけではなくて、用意された質問に答えるトークセッションのような感じだそうです。


前から、発達障がいの現実を少しでも伝えたい思いはありました。

でも、人前で話すのは緊張します。
でも、私のやりたかったこと。

思い切って一歩踏み出せば、そこには見たことのない景色が待っている気がする。


だから、一歩踏み出してみようと思います。
私の一つの夢だったから。

本当に発表できるかは分かりませんが、まずは先方に返事をしてみます。
最近体調不良だったということで、返事を待ってもらっています。

もしチャンスがもらえたら、私の思いをしっかりと伝えていきたいです。

それではまた。

テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

[2017/11/22 06:00 ] | 私の思い。 | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>