考え方の転換。マイナスにもプラスにもできる。
おはようございます。


昨日の朝、お弁当のおかずに入れる卵焼きを作っていた時のことです。

ボウルに卵、砂糖、塩、めんつゆ、マヨネーズを入れて菜箸で混ぜていたら、突然マヨネーズがパンツに飛んできました(>_<)
3cmぐらい、ベチャッと付きました…
新品なのに…

「なんでこんな忙しい時に!」
とマヨネーズを必死で拭きましたが、
「すぐに洗濯した方がいいよ!」
と母に言われ、すぐに自分の部屋に行きパンツを履き替え、エプロンを着けて卵焼きを焼きました。
次から、最初からエプロン着けて料理しよう。

ただでさえ忙しい朝にイライラしましたが、マヨネーズが付いた後にこんな考えが浮かんできました。
「朝、出掛ける前でよかった〜。
洗濯したらすぐにキレイになるもんね。
出先だったら、時間が経って帰る頃にはシミになってたかも。」
そう考えると、楽になりました。

他にも、自分のコップや茶碗を割ってしまったとき、
「お父さんのじゃなくてよかった〜。」
と考えることもできます。

想定外のことが起こり、「なんで!」と言いそうになった時には、マイナスをプラスに変えるように考えてみる。

そうすると、いろんなことが楽になります♫

21日には広島の手づくりフェアに行きます。
それを楽しみに、あと3日お仕事がんばります(^^)

それではまた。

スポンサーサイト

テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

[2017/10/18 06:54 ] | 想定外の事態、こうして乗り越える♫ | コメント(0)
低いハードルを乗り越える。
おはようございます。

最近、松江は雨や曇りの日が多くて気分が沈みがちになりそうです。
天気に関係なく、ふとしたことで落ち込んだり、自分に自信がなくなったりします。
そんな時も、少しでも元気を出して仕事などに臨みたいです。


私が最近始めたことは、
「朝、実現できそうな目標を立てること」です。
高い目標でなくてもいい。
簡単に達成できそうな、低い目標を立てるのです。

例えば、
「店員さん、もしくはバスの運転手さんに『ありがとうございました』と言う」
(私はバス通勤なので、「降りる時、バスの運転手さんにお礼を言う」という目標を立てることがあります)
「手足の爪を切る」
「家族でも、職場の人でもいいので元気にあいさつする」

(おはようございます、お疲れさまでしたなど)
といったものです。

そして、それができたら寝る前に自分を思いっきり褒める。


私は、昔から自分を否定され続けてきました。
いじめにも遭いました。
他のアスペルガーや発達障がいの方にも、そういった人は多いです。

誰かに否定されても、自分だけは自分のことを褒めてあげたい。
誰よりも私が、自分が頑張ったことを知っているから。

でも目標は、立てられる時に立てればいい。
マイペースで、その日の気分でいい。
「今日も一日頑張るぞ!」という気分の時に試してはいかがでしょうか。

小さな「できた」を積み重ねると、やがてそれが大きな自信になっていくから。

これからも、当事者として、同じような障がいを持つ人たちが少しずつでも元気になれるようなことを発信していきたいです。

それではまた。

テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

[2017/10/17 06:53 ] | アスペルガーを生きやすくする方法 | コメント(0)
他の人のことが気になったとき
こんばんは。

私は発達障がいの特徴のひとつで、こだわりが強くなってしまうことがあります。
その時、「他の人もこうでないといけない」と思ってしまいます。

例えば、私のこだわりのひとつに「目上の人には敬語を使う」という所があります。

先日、目上の人に馴れ馴れしい口調で話している人を見て、
その人が去った後に「馴れ馴れしい!」とボソッとつぶやいてしまいました。
「相手に失礼」とも思いました。

このことを母に話すと、
「その人は親しみを込めて話したのかもしれないよ」
と言われました。

「それも一理あるな…」と思いました。

そう思うと、馴れ馴れ…いや、親しみやすく話された相手もそんなに悪い気はしていないのかも。


こだわりが強いと、他の人のことが気になって
「そうじゃないでしょ!」と言いたくなって疲れてしまうことがあります。

人のことが気になる時は、自分のことを大事にできていないのかも。
他人を中心に考えているから。

そんな時こそ、自分に集中したいです。

自分の今している作業や仕事に集中すると、周りのことは気にならなくなっていきます。

こだわりが出てきた時こそ、自分のしていること、自分自身に集中。
他の人の事を気にしているヒマはない。

そう思って、自分のこだわりを人に押しつけてしまいそうになる時を乗り越えていきたいです。

それではまた。




テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

[2017/10/14 22:10 ] | 私の対処法 | コメント(0)
運動会の思い出
おはようございます。
真維です。

今日は午前10時から会社の健康診断があるので、のんびりしています。
昨日の夕食後から絶食中でヒマなのです…
リビングにいると、うっかり食べてしまいそうで怖いのでこうして自分の部屋で記事を書いています。

もちろん、健診が終わり次第職場に向かいます。


話は変わり、最近は運動会や体育祭のシーズンですね。
昔から運動が苦手だった私ですが、応援合戦で大声を出すのだけは張り切っていた記憶があります(^-^)/


6年生の時には、かけ声に合わせて
「ピッピッピッピッ ピッピッピッピッ」
と笛を吹いていました。
阿波踊りの「エラヤッチャ エラヤッチャ ヨイヨイヨイヨイ」という掛け声をアレンジしたものだった覚えがあります。
(これで合っているのか分かりませんが…徳島県の方すみません(_ _))


一方、足の遅い私には、50m走などの短距離走は苦痛でした。
低学年の1・2年の頃に走った気がします。
いつも最下位でした…

あと、クラスで足の速い児童だけが選手に選ばれる
「色別対抗リレー」もありました。

私は…その時いつも応援席にいたのは、言うまでもありません(^_^;)

しかし、
「足の速い児童だけが選ばれるのは差別」のような考えが先生たちの間で出てきたのか、
「色別対抗リレー」は私が5年生ぐらいの時に、全員参加の
「色別対抗綱引き」に変わりました。

「学芸会の演劇に、主役とそれ以外の脇役がいるのは差別」みたいな考え方でしょうか…
私は「どちらでもいい」という考えですが、足の速い子にとっては選手に選ばれることが自信になる気もします。
私は選ばれなくても落ち込まずに「走らなくていいんだ!」と逆に安心していましたが。

今の小学校で、「色別対抗リレー」のある学校はまだあるのかな…


また、4年生の頃のフォークダンスでは当時大ヒットしていた
大事MANブラザーズバンドの「それが大事」を踊りました。(年齢がバレる!?)
輪になって、男女ペアで踊っていました。
男女で踊るのが、少し照れくさくなってきた時期でした。

この曲は少し前に、確かシリアルのCMで女性ボーカルによってリメイクされていました。
原曲もいいけれど、女性が歌うのもまたいいです。


「負けないこと 投げ出さないこと 逃げ出さないこと 信じ抜くこと
ダメになりそうな時 それが一番大事」
ストレートな歌詞が心に響きます♪


発売された当時、私と同じ部署の10代~20代前半の先輩や後輩はまだ生まれていない!
衝撃的です…

そんな、小学校の運動会の思い出話でした。

それでは、また。

テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

[2017/10/06 07:40 ] | 子ども時代のエピソード | コメント(0)
子どものうちから、いろんな仕事を知るのも大切。
こんばんは。
真維です。

先日、図書館で借りてきた本です。


発達障害の子のためのハローワーク [ 鈴木慶太 ]

この本には、発達障がいの5人の子ども達が出てきます。
5人が、様々な職場を訪問していろんな職業を知るストーリーが、マンガでわかりやすく描かれています。
鉄道が好きだったり、動物のお世話が好きだったり、ゲームが好きだったり…

興味のある事も、性格も適職もそれぞれ違います。


鉄道のお仕事、アパレル関係のお仕事、人を助けるお仕事…
全部で160のお仕事が紹介されています。


私は23歳の頃に自分の障がいを知りましたが、すでに自分が発達障がいだと知っている子どもさんは、早いうちから自分にはどんな仕事ができそうか考えておいた方がいいと思います。

ゲームが好きなら、ゲームプログラマーやサウンドクリエーターなど。
教えるのが好きなら、幼稚園教諭やインストラクターなど。

マンガなので、小・中学生にも読みやすい本です。
また、発達障害の方の就労体験談や保護者向けのアドバイスもあるので親子で読むのもオススメです。


なるべく多くの学校の図書館にも置いて頂きたいと思いました。

それではまた。




テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2017/10/02 18:00 ] | 読んだ本の感想 | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>